つくばウェイ 〜 筑波大OB & OGの生き様をみちしるべに 〜TSUKUBA WAY ロゴ画像

  1. つくばウェイinstagram
  2. つくばウェイtwitter
  3. つくばウェイFacebook
永田スライダー

レクリエーションセラピストの研究者としてアメリカで学ぶ

Professional
2019/03/11
インタビュー
  • 126
ノースウェスト ミズーリ州立大学 助教授
永田 真一
(人間学類 2003年入学)

高校の頃、偶然目にしたパラリンピックの本が全ての始まりだった。大学時代は障害者スポーツをサポートするボランティア団体の主催者として活動。学びを深めたいと、カナダへインターン留学を果たした。現在はアメリカの大学に勤務しながら、日本ではまだ馴染みのない、レクリエーションセラピストの分野を研究する。自ら踏み出した一歩、そしてまた一歩が今へとつながっている。

ターニングポイントになったカナダでのインターン

筑波大を目指したきっかけを教えて下さい。

高校の頃に障害者スポーツの存在を知り、ボランティア活動をしていた延長で進路先を考えた時に、筑波大なら特殊体育と心身障害学が学べると知りました。

出身が茨城県那珂市で、大学に見学に行った際に特殊体育研究室の中川一彦先生とお話する機会があって。そこで筑波大を勧められたことが決め手になりました。

障害者スポーツに興味を持ったきっかけは?

当時、野球部のマネージャーだったので何か裏方でアスリートをサポートする仕事に就きたいと考え始めた頃、高校の図書館でたまたまパラリンピックの本を読んでガツンと衝撃を受けたんです。

たまたま、その本を手に取ったのですか?

はい。自分の身の回りに障害がある人がいるわけでもなく、偶然、その本に出合いました。

その本に心を動かされて、「障害者スポーツのことを深く知りたい」と探してみたら、水戸に電動車いすサッカーをやっている団体があることを知って、その活動をボランティアとしてサポートするようになりました。そこにメカニックとして来ていた人が車いすマラソンをやっていて、そこから練習や大会に連れて行ってもらうようになりました。
その車いすマラソンの選手たちが筑波大のウェイトルームを練習場として使っていたことも、筑波大を目指したきっかけの1つです。

nagata2

本に影響を受け、ボランティアという行動を起こすのは高校生にとっては勇気がいることなのでは?

僕が通っていた水戸第一高等学校は制服もなく、自由な校風のおかげか面白い友人が多かったので、みんな思い思いに自分のやりたいことを実践していたんですね。その影響もあって何の迷いもなく、興味を持った世界に飛び込むことができたのだと思います。

高校の先生が授業で言っていた“知的好奇心”という言葉も、僕の探求心に火をつけてくれました。

探求心、そして行動力が十代の頃から備わっていたのですね。

行動力でいうと、図書館で読んだ本を通して陸上でパラリンピックに出場した千葉まさあきさんの存在を知り、千葉さんが代表を務めるバラエティクラブジャパンに連絡をして、東京で開催されたイベントにボランティアとして参加しました。

その際、バラエティクラブジャパンの関連団体であるカナダのバラエティビレッジという、障害がある人もない人も使えるスポーツ施設に興味を抱き、高校3年の冬にカナダに見学に行ったんですよ。

1人で行ったのですか?

初めての海外旅行だったので、父親が心配してついてきました(笑)。

高校時代にやりたいことが明確になり、筑波大に進学。特殊体育は体育専門学群に属していますが、人間学類に進学されていますね。

運動のセンスがないから、体育専門学群だと落ちてしまうんじゃないかと。別の方法で入ろうと考えて人間学類に入り、大学に入って体専の授業を取りました。

印象に残っている授業はありますか?

体専だとテーピングマッサージもやりましたし、スポーツマネジメント、スポーツ心理も学びましたよ。でも、1,2年ではあまり勉強しなかったので、今振り返ればもっと勉強しておけば良かったですね。

大学時代に学生団体を立ち上げたそうですね。その活動に没頭していたのでしょうか。

1年の頃、特殊体育の後藤邦夫先生に「NPOを作って障害のある人のイベントをやってみたら」とアドバイスを受け、NPOまではできないけれど学生団体ならと、団体を立ち上げました。

人間学類の仲間が6~7人集まり、地域でブラインドサッカーや車いすマラソンをやっている人たちをサポートしたり、大分で開催される国際車いすマラソンに参加するなど、忙しく過ごしていた思い出があります。

nagata1

まだ20歳にならない年で団体を運営するのは大変だったのでは?

うまくいかなかった思い出がいっぱいあります。仲間とのミーティングがうまくいかず、その後1人1人と話す時間を持つなどしましたが、いつも折り合いをつけることができるわけではなく。団体を抜ける人が何人かいて、「もうダメだ……」と自分のリーダーシップの無さを痛感したこともあります。

でも、その経験が教員をやっている今に生きています。例えば教壇に立って学生を見ながら、何が起こっているのかを推測できる。そういった力は大学時代に養われたかもしれません。

3年で休学し、カナダにインターンにいっていますね。

大分車いす国際マラソンで海外の方と触れ合う機会を持ったり、韓国に遠征に行くなどして、だんだんと海外に目が向くようになって。

インターンを決意した大きなきっかけは、高校時代から交流が始まったバラエティクラブジャパンと共催で、車いすスポーツのサマーキャンプを筑波大で開催したことです。

どんな思いを抱いたのですか?

「何かもっと出来ることがあるはずだ」という思いが大きくなって、違う経験を求めてバラエティビレッジに電話をしてみました。すると、「インターンで来てみませんか」と。「行きます!」と即答しました。

nagata4

大きな決断でしたね。

確実にターニングポイントでしたね。今の職業である、レクリエーションセラピストという職業を知ったのはその時でしたから。

レクリエーションセラピストとは?

理学療法士、作業療法士に並ぶ職業としてアメリカでは認知され、主に病院やリハビリテーションセンター、老人ホーム、精神科、地域のコミュニティーセンターなどで活躍しています。私の場合は、大学の教員としてセラピューティックレクリエーション学を学生に教えています。

具体的にどんなことをするのですか?

例えばアートや音楽を通してストレスを軽減させる方法を教えたり、スポーツを通して機能回復を図るなど、レクリエーションを通した治癒的行為を行います。

日本では認知されていない職業なのでカナダに行くまで知りませんでした。日本ではレクリエーションセラピーはありませんので理学療法士、作業療法士、介護士さんがレクリエーションを行っています。資格でいうと、福祉レクリエーションワーカーというものがあります。

障害者スポーツから、セラピューティックリクリエーションの分野に興味が移ったのはなぜでしょう?

大学の団体で活動するにつれ、スポーツだけでは対応しきれない人たちの存在を知るようになり、何かスポーツ以外の方法はないだろうかと考えていたことが影響しています。

精神障害のある人の中には、体は元気だけれどスポーツに興味がない人もいますから。アートや音楽で癒す、セラピューティックリクリエーションの領域に自然と興味が移っていきました。

研究者の代理で、急きょアメリカで研究を発表

半年間のインターンを終え、復学して大学を卒業。その後、東京都障害者スポーツ協会に入社されています。

ここで、今につながる大きな出来事がありました。同僚として働いていた、筑波大出身で、ふうせんバレーボール協会の理事を務める橋本大佑さんから急な要請を受け、アメリカのセラピューティックレクリエーションの学会でふうせんバレーの発表をすることになったのです。

なんでも、アメリカで研究されていた日本人の先生が急な病気にかかり、日本に帰国しなければいけない、でも学会発表はキャンセルしたくないと橋本さんに連絡があったそうです。

急なオファーにどう対応したのでしょうか?

ふうせんバレーについて詳しく知らなかったので、一泊二日かけて詰め込み式に橋本さんに教えてもらい、パワーポイントで資料を作って渡米。当時は英語も流暢ではなかったので、とても不安でした。

でも隣りには、その研究の共同発表者であるテリー・ロング博士がいたので、何かあったら助けを求めようと。ところが発表中、何度も「助けて」と目線を送ったのに、全く助けてくれず(笑)。なんとか1人でやり遂げました。

それは、すごい経験でしたね。

その後、テリー・ロング博士の推薦でノースウェストミズーリ州立大学から奨学金を受けられることになり、大学で働きながら修士号取得のために就学するグラデュエートアシスタントシップという制度で、2012年に渡米しました。修士号を終えた後、幸運にもインディアナ大学からグラデュエートアシスタントシップをいただくことができたので、教員・研究員として働きながら博士号を2017年に取得することができました。現在はノースウエストミズーリ州立大学でテニュアトラックのアシスタントプロフェッサーとして雇用され、アメリカを拠点に働きながら研究をしています。

nagata3

突然、降ってきたチャンスをつかんだのですね。

運が良かったと思います。カナダのインターンを終えた後、アメリカの大学に進学したいと考えていましたが資金が調達できず。泣く泣く諦めた経緯があったので、奨学金で大学にいける話をオファーされた時はとても嬉しかったです。

でもラッキー過ぎて、「この話は本当かな。あとで多額のお金を請求されるんじゃないか」と疑ってしまいました(笑)。

nagata5

現在、教員としてどんなご苦労がありますか?

母国語ではない英語で教える大変さはもちろんですが、もともと研究者志望だった僕が、学生に教えるという得意ではないことを務めることになり、最初の頃はとにかく苦しんで、苦しんでやっていました。2017年8月にフルタイムでティーチングを始めて、最初の2か月は眠れませんでしたから。

そんな中、どうすれば自分の言いたいことを効率良く伝えられるかを考えて、ただ一方的に講義をするスタイルから、アクティビティを入れる、ビデオを見せるなど色々工夫することで、ティーチング力が発展していったように思います。

どんな時にやりがいを感じますか。

僕が教えたことをもとにグループで発表させるプレゼンテーションの際に、言いたいことがまとまっていない、僕の言ったことを理解していないなど頭を抱えることが多々あって。授業でまずプレゼンテーションスキルを教えることにしたんです。すると、学生のプレゼンの質が上がり、次第に良い発表ができるようになりました。

学生が成長していく姿を見ることはやりがいにつながりますし、僕が教えた学生が卒業後、レクリエーションセラピストとして一人前に働いている姿を見ると嬉しくなりますね。「この子は僕のクラスであれだけ苦しんでいたのに、ちゃんとやっているな」と。

研究でいうと、Ph.D. Student Awardを2年連続受賞されているとか。

大学内で毎年1人が受賞するのですが、他のアメリカ人の学生を抑えて受賞し、しかも2年連続で受賞できたことは誇りに思います。

nagata6

なぜ受賞できたのだと思いますか?

高校時代に培った“探求心”に尽きると思います。博士課程1年目は色んな研究のプロジェクトに参加し、とにかく「自分がやりたいことをする」ことに集中していたことが評価につながったのかもしれません。

今後のビジョンは?

まずはティーチングのスキルを上げること、そして教員になると現場から離れてしまいがちなので、もう少し現場とのつながりを持ってセラピストとしての感覚を上げていくこと。そこで得た学びを学生指導に生かしたいです。

今振り返って、筑波大にいって良かったと思うことは?

色々と誘惑の多い東京と比べて、筑波大は遊べる場所からは隔離されているので、勉強や自分のやりたいことに没頭しようと思えば、いくらでも時間を使える環境ですよね。

大学の近くに住んでいて終電を気にする必要がなかったですから、夜中までずっと研究室で過ごしたことも良い思い出です。その経験が“探求心を深める”という、今の僕のベースになっています。

あなたの“つくばウェイ”とは?

1、2年の頃、パワーがある学友たちの存在に影響を受け、「自分は何が出来るだろうか」と考えました。そういった刺激的な環境にいることがエネルギーとなり、僕のパワーになりました。

現役大学生や筑波大を目指す人に一言!

勉強にとらわれなくても、大学で学べることはたくさんあります!

永田 真一さんが所属する
企業紹介はこちらから
企業紹介ページへ
プロフィール
永田プロフィール
永田 真一(ながた しんいち)
1984年茨城県那珂市生まれ。県立水戸第一高校在学時に、障害者スポーツと出会う。高校卒業後は筑波大学第二学群人間学類に進学しながら、体育専門学群の授業を積極的に受講し、障害者スポーツについて見識を深める。大学時代にはSupporters for Adapted Sports(SAS)を立ち上げ、障害者スポーツの支援を行う。カナダでのインターンシップ中にレクリエーションセラピーを知り、渡米。レクリエーションセラピストとしての道を開拓し、現在ノースウェスト ミズーリ州立大学に助教授として教鞭を執っている。
基本情報
所属:Northwest Missouri State University
役職:Assistant Professor
出生年:1984年
血液型:A型
出身地:茨城県那珂市
出身高校:茨城県立水戸第一高等学校
出身大学:筑波大学
出身大学院:Northwest Missouri State University, Department of Health Human Services (修士), Indiana University-Bloomington, School of Public Health (博士)
所属団体、肩書き等
  • American Therapeutic Recreation Association 会員
  • Therapeutic Recreation Journal Editor
  • Certified Therapeutic Recreation Specialist (CTRS) 
筑波関連
学部:第二学群人間学類
研究室:柳本研究室(肢体不自由・運動障害研究室)
住んでいた場所:春日四丁目
行きつけのお店:夢屋
プライベート
ニックネーム:あつし
趣味:旅行
特技:いろんな言語を話せます
尊敬する人:イチロー
好きなマンガ:あきら翔ぶ(とだ勝之)
好きなスポーツ:野球
好きな食べ物:すし、ラーメン
訪れた国:23か国くらいでしょうか
大切な習慣:睡眠時間をちゃんととること
口癖は?:まあいいや
座右の銘
  • 至誠一貫 堅忍力行

New Column

Facebook

TSUKUBA WAYのメールマガジン登録で、大学の様々な情報をお届け!メルマガ登録はこちら

筑波大学・大学院の在校生または卒業生ですか?

powered byメール配信CGI acmailer