つくばウェイ 〜 筑波大OB & OGの生き様をみちしるべに 〜TSUKUBA WAY ロゴ画像

  1. つくばウェイinstagram
  2. つくばウェイtwitter
  3. つくばウェイFacebook
兵働スライダー

選手に一番身近な立場で、チームを支える

Sportsperson
2020/03/09
インタビュー
  • 147
清水エスパルス スカウト
兵働 昭弘
(体育専門学群 2001年入学)

大学卒業後、清水エスパルス、柏レイソルといったトップクラブで活躍し、2018年、約14年のプロ生活を終えた。新しい出発地点は、再びの清水エスパルス。現在は、現役選手に一番近い立場で自身の役割を全うしている。「今につながる経験」と振り返った、大学時代。一体、どんな学びがあったのだろうか。

筑波大での挫折が、今につながる原点に

今のお仕事について教えて下さい。

昨シーズンは、清水エスパルスのスカウトとしてスタートし、シーズン途中からはコーチとして監督やヘッドコーチのサポートをしながら、トップチームの練習を見ていました。例えば、その日のメニューを監督が決めて、それに伴ってヘッドコーチが練習メニューを組みますが、僕はコーチに「もう少しこうしたらいいのではないか」といった細かい点を客観的な視点からアドバイスしています。

その他、監督が選手に指示している様子を見て、何か自分が気付いたことがあれば個別に選手に伝えるなどのサポート。あとは、コーチとして一番年下だったので“盛り上げ役”でもありました(笑)。今シーズンはまた少し立場が変わって、スカウトを担当しています。

2018年に現役を引退したばかりで、選手との距離感も近い。かつ選手としてレジェンド的な存在であった兵働さんがコーチやスカウトとしてクラブにいることで、選手のモチベーションが上がるのでは。

そうだといいですね。監督には言いづらいことでも僕には言えるかもしれません。その辺りを意識しながら自分が間に入ったり。チーム内で意思疎通がうまくできるようにするのが僕の役割だと思っています。

改めて、サッカーとの出合いを教えて頂けますか?

4つ上の兄がサッカーをやっていた影響で、6歳の時に千葉県の七次台FCに入りました。

自分が住んでいたのは田舎で、周辺で言うと柏レイソルが強かったんですけど、落ちるのが怖くてJクラブを受けず。中学でも高校でも部活でサッカーを続けました。

中学でのサッカーの成績は?

自分が住んでいた当時は市にもなってない小さな町で、学校自体もサッカーに力を入れていたわけではありませんでしたが、その町立中学校としては初めて僕らの代で県大会に出ることができました。でも全国には、いっていません。

エリート街道まっしぐらではなかったのですね。

全く。でも、そんな環境にいながらも漠然と「プロになりたい」とは思っていましたね。

なぜ筑波大に進学しようと?

僕が通っていた八千代高校の3学年上の先輩である羽生直剛さん(FC東京)が、八千代高校から筑波大に進学していたことと、担任の先生、そして校長先生が筑波大の前身である教育大のサッカー部出身だったので、周囲から筑波大の魅力をよく聞いていて。

サッカーでプロを目指すのと同時に、教員になりたいという目標を持っていたので、それなら筑波大がいいんじゃないかと思いました。

高校卒業のタイミングでは声がかからず、プロになることはできませんでしたから、筑波大の蹴球部で経験を積めばプロになれる可能性もあるかなという思いもありました。

兵働7

4年間を通して、筑波大はいかがでしたか。

想像以上の経験ができましたね。サッカーの面だけじゃなく、人間的にも学ばせてもらいました。

どんな学びがありましたか?

毎年、プロになる選手がいる筑波大の厳しい環境の中で、プロになっていく人の立ち居振る舞いであるとか姿勢を見ながら練習できたことは、経験として大きかったです。

1年目から活躍できたのでしょうか。

1年目は全く通用せず、僕を含め推薦で入った5人のうち、僕だけがほとんど試合に出られませんでした。

サッカー人生で挫折感を味わい、委縮もしましたけど、でもそういう姿勢だと余計に周囲に引き離されてしまう。そんな危機感を覚えて自らトライをしたり、アクションを起こしたり。
挫折感を味わったことで自分を鼓舞し、2年目から試合に絡むことができたのだと思います。

今につながる原点のような挫折ですね。

そうですね。小学から高校までいつも試合に出られていましたし、高校1年で3年生の試合に出場し、2年ではインターハイ優勝するなど、ずっと順調でしたから。

大学に入ってすぐに挫折し、活躍できなかった1年の間に色々と考えた経験は今に生きていると思います。

では、何か印象的な出来事はありますか?

4年の時に関東大学リーグ戦で優勝できたことです。それまで2年次、3年次にインカレは優勝できていたんですけど、リーグ戦のタイトルに縁がなくて。自分たちの代で優勝できたことが一番印象に残っています。

それと、人との出会いも大きかったですね。監督の木山(隆之)さん(現モンテディオ山形 監督)や、コーチの西ヶ谷さん(現松本山雅U-18監督)といったプロを経験なさった方たち、または1年の時に一緒にプレーし、後にプロに行った先輩たちが、サッカーに取り組む姿勢を間近で見ることができて。

「プロになる人は1つ1つのプレーに“こだわり”を持ち、試合、練習、その大小に関わらず1つ1つの勝ち負けに“こだわり”を持っているのだな」と感じました。

具体的な言葉というよりは、4年間を通してそういう人たちの日々の取り組む姿勢が印象に残っています。

兵働4

勝つ時は、根拠のない自信が湧く

筑波大で数々の優勝を経験。タイトルを獲れるチームと獲れないチームの違いは何だと思いますか?

それが分かれば苦労はしないのですが、今振り返ってみると、チーム全体がまとまっていることは勝つために必要な要素の1つなのかなと。

それは仲が良いという意味ではなく、勝ちに向かって「何をすべきか」という1つの目標に皆が向かっていることが大事なのかもしれません。

なるほど。

たとえ試合に負けたとしてもチームがまとまっていたり、自分たちに自信があると、一試合負けたところで「どうせ次に勝つから」というマインドを保てるんですよね。

勝つ時というのは、そういった根拠のない自信のようなものが湧いてきますし、もちろんその裏では、やるべきことをやって試合に臨んでいますから「僕らは全てのことをやってきた」と。それが自信につながるのだと思います。

兵働2

サッカー以外の生活はいかがでしたか。

勉強した記憶はあまりないですね。ファミレスでテスト勉強することもありましたけど、たいがい勉強せずに、下らない話をして時間が過ぎるだけ(笑)。皆でボーリングをしに行ったことも良い思い出です。

今も一年に一回、皆で集まっているんですよ。

大学卒業後にプロとして清水エスパルスでデビューし、いくつかの移籍を経て再びエスパルスに。エスパルスに縁がありますね。

これは、僕が最初にエスパルスに入団加入した時の強化部長のおかげです。その方は一度エスパルスを離れて、昨年また戻ってこられたのですが、そのタイミングで僕を呼んで下さり、クラブのスタッフとして戻ってくることができた経緯があります。

「これから色々教えるよ」と言って下さったんですけど、2年前に亡くなられて…。僕が今の立場で働いているのは、その方のおかげです。

座右の銘は“一期一会”だそうですが、これは、どういった思いから?

プロになってから移籍が多かったので、その時その時に出会う人の大切さを実感したんです。人から学ぶことってたくさんありますし、人は自分にないものを与えてくれるので“一期一会”だなと。

兵働アイキャッチ

コミュニケーションをとるのは上手ですか?

いや、苦手ですよ。打ち解けるまでに時間がかかります。

苦手だからこそ心がけていることは?

立場が上になればなるほど謙虚になること。これはエスパルス時代のコーチである田坂和昭さん(現・栃木サッカークラブ 監督)に教わったことです。

今後のキャリアについて、どう考えていますか。

学生時代は、ただひたすら「プロになりたい」という目標に向かって突っ走ってきましたが、今は、これまでの経験を踏まえて次に何ができるか考え中です。

引退後の1年間で、スカウトとして新しい選手を取りにいくといった経験、そして、その半年後にコーチとしてグラウンドに戻る…という濃い経験をさせて頂けたことは非常にありがたいことなので、今シーズンは再度スカウトという立場で、自分の中でしっかり考えていきたいなと。

指導者になる道もあり得るのですか?

どうなるのかまだ分かりませんが、昨年は指導者のそばでコーチとしての経験を積ませてもらい、今年はまた違う立場。色んな役割で仕事を全うすることで自然と次の道が見えてくるのだろうと思います。

兵働8

あなたの“つくばウェイ”とは?

サッカーを通して勝負へのこだわりを学び、サッカー以外では人とのつながり、上下関係、横のつながりを学びました。

現役大学生や筑波大を目指す人に一言!

筑波大で選手としても人間としても大きくなって下さい。応援しています!

兵働 昭弘さんが所属する
企業紹介はこちらから
企業紹介ページへ
プロフィール
兵働プロフィール
兵働 昭弘(ひょうどう あきひろ)
1982年千葉県生まれ。大学時代は、2002年、2003年と全日本大学サッカー選手権を連破し、4年の2004年には関東大学リーグ戦を制覇するなど筑波大学黄金時代を支えた中心選手。卒業後は清水エスパルス入団。プロ生活18シーズンで6クラブを渡り歩いた後、2018年シーズンを最後に引退。現在は、多数クラブに所属した経験を生かしながら、清水エスパルスのスカウトを務める。
基本情報
所属:清水エスパルス
役職:スカウト
出生年:1982年
血液型:O型
出身地:千葉県
出身高校:千葉県立八千代高等学校
出身大学:筑波大学
筑波関連
学部:体育専門学群
研究室:サッカー研究室
部活動:蹴球部
住んでいた場所:天久保
行きつけのお店:とんかつ純平
プライベート
ニックネーム:ひょー
趣味:ゴルフ
尊敬する人:
年間読書数:5冊
心に残った本:決断力(羽生善治)
心に残った映画:シックスセンス
好きなマンガ:キングダム
好きなスポーツ:サッカー、バスケットボール
好きな食べ物:寿司
訪れた国:5か国
大切な習慣:挨拶
座右の銘
  • 感謝 、一期一会

New Column

Facebook

TSUKUBA WAYのメールマガジン登録で、大学の様々な情報をお届け!メルマガ登録はこちら

筑波大学・大学院の在校生または卒業生ですか?

powered byメール配信CGI acmailer